So-net無料ブログ作成
検索選択

始めまして。 [地方政治]

選挙の準備で、仲間の皆さんのご支援をいただきながら、動いています。
地盤、地縁、血縁に全く無縁で、知名度がほとんどありませんので、どぶ板選挙を基本にやっていく方針です。
先日、市の選挙管理委員会に行きました。
選挙活動の選挙違反基準を確認に行ったのですが、今市長候補予定者が行っている活動については、
白黒ではなく、グレーゾーンに当たっているとのことでした。
相談されると、しないほうが良いと言わざるを得ないとの回答でした。
自分たちは、摘発する役目ではなく、指導する役目なので、法律規則どおりの指導をしますということでした。
摘発するのは、警察です。さすがに、そこに聞きには行きませんでした。
有権者の皆さんに、知っていただくことの難しさを痛感しています。
過去における選挙運動の弊害が、今の法律を作り、選挙活動の不自由さを生み出し、新人候補者の
出馬を、困難にしているようです。
法律を作るときに、勧めるべきもの(政策や理念を有権者に十分に届ける、有権者の知る権利を満たす)は、
緩和し、収賄や利権を生むものは具体的に禁止するという、肌理細やかな検討の結果で作られては、いないのでしょう。
既得権を優先するような、前例主義に代表されるような、役人の中からの立法なのでしょう。
政治のスタートがこれですから、政治改革は、前途多難です。
世界の選挙制度、状況と比較して、民主主義の成熟度において、相当遅れているのではないでしょうか。
本日、ムーディーズの日本国債の格付けが、1段下がり、中国と同レベルになりました。
民主主義の、格付けがあれば、非民主的だと非難している中国と大差ない位置に、日本が、位置しているかもしれません。
                      てりーマン



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。